みかんのことがよく分かる!みかん辞典

春峰

読み方 シュンポウ

概要(分類・生い立ち・産地など)

清見と水晶文旦を交配してできた、柑橘類の一種。

和歌山県有田郡有田川町の河嶋美樹氏が、清見と水晶文旦を交配し育成した。
1994年に種苗登録を取得したが、柑橘の意図な種間交雑の登録は民間では初めて。

解説

和歌山県有田郡有田川町で作られた品種のため、その周辺地域を中心に栽培されている。平成6年に登録されたばかりで、生産量はまだ少なく知名度も低い。見た目は八朔に似ているが、手で簡単にむいて食べられるため「春みかん」として人気が期待される。インターネットや産直店などで入手できる。

特徴

大きさ・形 大きめ
重さ 200~300g
表面の色 橙黄色
平均糖度 12~13度
 清見の濃厚な甘さと、文旦のさっぱりした味わいが特徴。酸味は少ない
収穫時期 2月~3月。貯蔵性が比較的高く、4月まで出荷
食べ方 皮は厚いが手で簡単にむける。中の袋(じょうのう)も比較的薄くそのまま食べることができる。気になる場合は取り除いて食べる。

関連項目

清見
水晶文旦

春峰の購入ページはこちら
目次に戻る>>
ログイン