みかんのことがよく分かる!みかん辞典

グレープフルーツ


概要(分類・生い立ち・産地など)

柑橘類の一種。
グレープフルーツには様々な種類があり、主に果肉の色で命名されている。
マーシュ(ホワイト)
ルビー(レッドブラッシュ)
スタールビー
リオレッド
スウィーティー

1750年代に西インド諸島のバルバドスで発見されたものが最初と言われている。
文旦とオレンジの交配種で、文旦の特徴をより多く受け継いでいる。
1820年頃フロリダに渡り、優良品種が現れ大産業に発展した。
日本にも大正時代初期に伝来したが、気候が栽培に向かず定着しなかった。

産地
中国
アメリカ 
メキシコ
南アフリカ
アルゼンチン
イスラエル

解説

1つの枝にぶどうのように房状に果実がなるため、グレープフルーツという名前が付けられた。グレープフルーツは花を房状につけ、かつ花があまり落ちない、めずらしい性質をもっている。

日本で売られているグレープフルーツはほとんどが輸入品で、主な輸入先はフロリダか南アフリカ。日本に多く輸入されるようになったのは1970年代から。生産量が最も多いのは中国だが消費量が多いのも中国で、輸出量はさほど多くない。

日本国内でもグレープフルーツが静岡県や愛知県など栽培されているが、出荷量はごくわずか。一年を通じて温暖な気候が必要なため適地が少ない。

グレープフルーツにはビタミンCが豊富で風邪予防に有効。クエン酸も含まれていて疲労回復や美容にもよい。またポリフェノールの一種「ナリンギン」という成分が含まれていて、脂肪の分解を促進する働きがあるが、薬の成分を強めたり副作用が出る場合があるので、次のような薬を服用している際は注意が必要。
高血圧・不整脈・高脂血症・睡眠導入剤など
グレープフルーツの香りが

「ためしてガッテン」によると、グレープフルーツをお湯で3分ゆでてその後氷水で5分冷やすと、皮がむきやすくなる。また苦味が減り、甘く感じる。

特徴

大きさ・形 洋ナシ型や扁平などさまざま。扁平系のものが比較的甘い
平均糖度 品種により異なるが9~11度
食べ方 皮が固いのでナイフで切ってたべる

関連項目

文旦
オレンジ
スウィーティー
目次に戻る>>
ログイン