みかんのことがよく分かる!みかん辞典

スウィーティー

概要(分類・生い立ち・産地など)

柑橘類の一種。グレープフルーツと文旦を交配させ作成。

1958年にアメリカのカリフォルニア大学リバーサイド校柑橘類研究所にて作成された。1972年頃からカリフォルニア州で栽培されるようになり、後にオーストラリアで、さらに1984年からはイスラエルでも栽培されるようになった。
日本では1990年代にロッテがスウィーティー味のチューインガムを発売してから知名度が上がり、生食用としても一般的になっていった。

産地
アメリカ
オーストラリア
イスラエル

解説

非常にアルベド部分が多く、果肉部分が小さい。そのため手に取ると思ったより軽いことが多い。選ぶ際には、なるべく重くて可食部の多いもの、またできるだけきれいな丸の形のものを選ぶとよい。

果皮に「テルペン」という精油成分が多く含まれている。手ルペンは発砲スチロールやプラスチックなどを溶かす性質がある。食べたあとそのままリモコンなどを触るのは避けたほうがよいが、天然素材なので人体に影響はない。

グレープフルーツの仲間なので、一部の薬との摂取には注意が必要。

関連項目

 グレープフルーツ
 文旦
目次に戻る>>
ログイン