みかんのことがよく分かる!みかん辞典

おいしいみかんの見分け方

品種や時期などにより変わってくるが、一般的には次のようなみかんがおいしいと言われている。

サイズ - 小さめ

大きいサイズのみかんは大味な場合が多い。
サイズが小さいほど味が(甘味・酸味共に)濃くなる。
小さすぎると酸味が強いと言われるが、小さいみかんを好む人も多い。

皮 - 薄くて肌理が細かい

皮が厚い・硬い・肌理が粗いと味が薄い場合が多い。
浮皮のものも味が薄いものが多い。
皮が薄いと剥きにくいが、味は濃厚なものが多い。
皮が身に密着して、皮が剥きにくい程美味しい。

形 - 均整の取れた形

いびつな形のみかんは成長のバランスが悪く味も悪い。
「扁平なみかんが美味しい」といわれることがあるが、丸くても美味しい品種も多い。

色 - オレンジ色が濃い

オレンジ色が濃い方が熟している。

ヘタ - 切り口が細くガクが黄色

切り口が太いとおいしくない。
ガクが黄色いみかんは完熟している。

菊みかん

表面が菊の花のように凸凹したみかんは『菊みかん』と呼ばれる。
菊みかんは水分の少ない場合にできるみかんで、濃厚な味がする。
目次に戻る>>
ログイン