みかんのことがよく分かる!みかん辞典

はれひめ

概要(分類・生い立ち・産地など)

柑橘の一種で、E-647(清見とオセオラオレンジを交配したもの)と宮川早生(みやがわわせ)を交配し育成した交雑種。
1990 年果樹試験場興津支場(現カンキツ部興津)において育成され、2004年に品種登録された。
漢字では「晴れ姫」。

産地
愛媛県(79%)
広島県(9%)
和歌山県(2%)
栽培面積 142ha
出荷量 1312t
(農林水産省 平成24年特産果樹生産動態等調査)

解説

品種登録して間もないため、まだ生産量が少ないが、愛媛県では生産に力をいれている。JAおちいまばりでは、栽培基準をクリアした園地から糖度12度以上のものを、「瀬戸の晴れ姫」というブランド名で売り出している。
現在は収穫の時期的にも、年末年始の贈答用としての需要の増加が期待されている。

特徴

大きさ・形 オレンジと似た外観。扁球形
重さ 180g
表面の色 180g
平均糖度 10~12度
 甘みとオレンジの香りが特徴。果汁も多い
収穫時期 12月~1月
食べ方 皮はやや厚いが柔らかく簡単に手でむける。じょうのうも薄く種も比較的少なく、食べやすい。
目次に戻る>>
ログイン