みかんのことがよく分かる!みかん辞典

天なり

読み方 テンナリ

解説

果樹の頂上部分の枝に果実がなること。
反対に、果樹の枝の下部分に果実がなることは「裾なり」、果樹の内側は「内なり」、外側は「外なり」と呼ぶ。

枝が太い場合、天なりでは上向きに実がなる。
一般的にみかんの天なり果は、サイズが大きく、皮が厚く、大味な傾向がある。風に吹かれるのでキズもつきやすい。また直射日光が強すぎて日焼け(外皮の変色)が発生することがある。

通常、みかんの天なり果は摘果作業の対象とされる。ただし樹勢が強い場合は、早い時期に摘果をすると秋芽が発生することがあり、樹の状態が乱れるので注意が必要。

関連項目

裾なり
内なり
外なり
目次に戻る>>
ログイン