みかんのことがよく分かる!みかん辞典

特別栽培

読み方 トクベツサイバイ

解説

その農産物が生産された地域の慣行レベル(各地域の慣行的に行われている節減対象農薬及び化学肥料の使用状況)に比べて、節減対象農薬の使用回数が50%以下、化学肥料の窒素成分量が50%以下、で栽培された農産物です。

節減対象農薬と化学肥料双方の節減が必要です。

なお、節減対象農薬を使用しなかった場合、「節減対象農薬:栽培期間中不使用」との表示になります。
(農林水産省サイトより)

生産地の慣行レベルというのは、各都道府県により農作物ごとに決められている。また特別栽培と認められるには、認証手続きが必要である。一般的には各都道府県が認定した認証機関による審査が必要。表示にもガイドラインがあり、それに沿わねばならない。特別栽培に認定された農作物には、認証マークをつけて販売することができるが、このマークも都道府県ごとに異なる。

特別栽培についてこのような制度が決まった理由は、減農薬などの農作物に消費者の関心が高まっていたが、基準や表示が生産者や販売者などによりバラバラでわかりにくかったため。
目次に戻る>>
ログイン