みかんのことがよく分かる!みかん辞典

日南1号

読み方 ニチナンイチゴウ

概要(分類・生い立ち・産地など)

温州みかんの一種で興津早生の枝代わり。極早生の一つ。
1979年に宮崎県日南市の野田明夫氏が、興津早生の木に着色が早く酸が抜けるのも早い実がある枝を発見。1989年に品種登録された。

解説

9月中旬から出荷できる極早生みかんで比較的糖度が高いので、宮崎県を中心に栽培が進んだ。今では全国のみかんの栽培地に広まっている。
宮崎県ではマルチ栽培した日南1号で一定基準(時期にごとに異なる)をみたしたものを、「マルチ日南1号」というブランド名をつけている。

この日南1号のさらに枝変わりとして「日南早生(ニチナンワセ)」「日南の姫(ヒナノヒメ)」8月下旬から収穫可能な超極早生品種として栽培が広がりつつある。

特徴

表面の色 黄緑~黄橙色。
平均糖度 9~11度で時期により異なる
 甘みと酸味があり、さっぱりした味
収穫時期 9~10月頃
食べ方 温州みかんなので、手で簡単にむける。中の袋(じょうのう)も薄くそのまま食べることができる。
目次に戻る>>
ログイン