みかんのことがよく分かる!みかん辞典

宮川早生

読み方 ミヤガワワセ

解説

温州みかんの品種で、早生(早い時期に収穫するもの)の代表といえる。

福岡県で1909年頃温州みかんの枝変わりとして発生したものを育成され、その後全国的に栽培されるようになった。10月下旬から12月頃に出荷。甘さと程よい酸味でコクがあり、中の袋(じょうのう)も非常に薄く人気がある。比較的隔年結果が少ない。

この宮川早生の枝変わり品種に「ゆら早生」や「宮本早生」がある。
目次に戻る>>
ログイン