みかんのことがよく分かる!みかん辞典

由良早生

読み方 ユラワセ

解説

温州みかんの品種で、10月上旬くらいから収穫できる極早生品種。漢字で 由良早生と表記されることもある。1985年和歌山県日高郡由良町で「宮川早生」の枝変わりとして発見。

極早生品種は糖度があまり高くないが、ゆわ早生は糖度が比較的高いとされている。樹勢がほかの品種に比べると弱め。1本の木の収穫量は高くないので、出荷量が限られている。果実のサイズは小さ目の傾向がみられる。菊みかんになりやすい。着色は早いが全体的に着色するのではなく、果頂部(ヘタの反対のほう)の着色がすすみ、果梗(ヘタのほう)のまわりは遅い。

同じ宮川早生の枝替わりの極早生品種「宮本早生」がある。
目次に戻る>>
ログイン