みかんのことがよく分かる!みかん辞典

外なり

読み方 ソトナリ

解説

果樹の枝の外側に果実がなること。一般的に外なり果は、直射日光が当たりがよく糖度が上がる傾向がある。そのため「外なりみかん」などと名前をつけて販売されることがある。通気性がいいが他の枝とこすれるため、果皮に傷がつきやすい。

反対に、果樹の枝の内側に果実がなることは「内なり」、果樹の下のほうは「裾なり」、果樹の上の部分は「天なり」と呼ぶ。

外なり果は品質がよいので、剪定・摘果などで外なりみかんが多くできるように調整する。
目次に戻る>>
ログイン