みかんのことがよく分かる!みかん辞典

黒点病

読み方 コクテンビョウ

概要

柑橘類に発生する病気のひとつ。果実や枝・葉に黒い点が付着する。
柑橘類に対しての発病は、カンキツ黒点病とも呼ぶ。

解説

病原は糸状菌。枯れ枝に菌があると、雨により伝染。雨が風に吹かれると、広範囲に飛散。梅雨と秋雨の時期は、雨が降ると短い時間で感染しやすいので注意が必要。

病菌密度が低いと粉末状の黒点がみられ、病菌密度が高くなると黒点がすじ状になるため涙斑型・泥塊型となっていく。黒点が果実につくと外観が著しく損なわれるため、一般的に柑橘の価値が下がり、通常の商品ではなく加工品として出荷されることが多い。味や栄養価には影響はない。
葉の感染の病原密度が高いと、葉は奇形となり落葉することがある。少しの発病であればふつうは落葉しない。
枝でも黒点は生じて、激しく発症すると枯死し数年間病原となる。

全ての柑橘類で発病するが、発病のしやすさには多少の差がある。最も発病しやすいのはキンカンで次は伊予柑・グレープフルーツ・レモンなど。温州みかんは中程度であるが、重要な病気の一つ。柑橘類以外にも、りんごや大豆にも発病する。

病害を防ぐためには、殺菌剤を散布するほかに、病原の枯れ枝を取り除き、畑の排水・通風をよくすることが必要。
目次に戻る>>
ログイン