みかんのことがよく分かる!みかん辞典

蔵出しみかん

読み方 クラダシミカン

概要

12月頃に収穫した温州みかんを、貯蔵庫でしばらく貯蔵したのちに出荷するみかん。

解説

和歌山県の下津町では明治時代から行っており特産品である。同町のながみね農業協同組合では「蔵出ししもつみかん」として売り出ししている。
貯蔵庫は木造土壁の専用倉庫で、みかんも特製の木の箱にいれて保管される。貯蔵庫はみかん畑ごとにあり、こまめに管理して換気など行い自然の力で室内のと湿度を一定に保っている。貯蔵すると強かった酸味が落ち着き、糖とのバランスがよくなりまろやかな味わいが楽しめる。2月~3月頃にかけて出荷される。
蔵出しみかんは愛媛県や福岡県、静岡県など各地で生産されている。温州みかんの中でも貯蔵性や加工適性が高い大津四号・青島温州といった高糖度の品種も普及している。

関連項目

温州みかん
下津みかん
目次に戻る>>
ログイン