みかんのことがよく分かる!みかん辞典

日の丸みかん

読み方 ヒノマルミカン

解説

愛媛県八幡浜市で生産される温州みかんのブランド名。

明治27年大家百治郎氏によりみかんの苗などが導入され、次第にみかんの栽培が盛んになっていった。愛媛県八幡浜市はリアス式海岸の地形で、海に面した山が多く、その山を開拓しみかんを栽培する段々畑がつくられた。

現在JAにしうわの向灘地区の日の丸共同選果場から出荷されるものを「日の丸みか」んと呼んでいる。同じJAにしうわの真穴地区の真穴共同選果場から出荷されるものは「真穴みかん」と名付けている。

関連項目

温州みかん
目次に戻る>>
ログイン