みかんのことがよく分かる!みかん辞典

アルベド

解説

柑橘類の果皮の内側にある、海綿状あるいは繊維状の白い部分。中果皮とも呼ばれる。

みかんのアルベド(中果皮)の外にはオレンジ色のフラベド(外果皮)がある。つまりみかんの皮は、アルベドとフラベドで構成されている。

アルベドには、ビタミンPが豊富。ビタミンPはポリフェノールの一種で、特にヘスペリジンがみかん由来のポリフェノールで健康維持のための栄養素として最近注目されている。みかんの皮を刻み乾燥させた「陳皮(ちんぴ)」は漢方の生薬として知られている。
目次に戻る>>
ログイン